マジック・ザ・ギャザリングの世界ランキング・トーナメント

マジックザギャザリングは大会形式も既に確立されており、すでに世界中に広がっている。

世界中で高額な賞金(優勝賞金300万円超)のかかったトーナメントも開かれている。

プロツアーや世界選手権もあり、2005年世界選手権では日本人で初めて森勝洋が優勝して世界王者となった。

同時に国別対抗トーナメントでも日本代表が優勝している。また2006年世界選手権では三原槙仁が優勝し、二年連続で日本人が世界王者となった。日本にはレベルの高い多くのゲーマーが存在する。

また、公式戦の一つにDCI認定トーナメントがある。このトーナメントの結果は世界ランキングに反映される重要な公式戦である。

世界ランキングはインターネット等を通じて全世界に発表されているので、参加者は認定トーナメントに出場することで、自分の実力が世界で何番目なのか知ることができる。

自分の世界における実力を正確に知ることで、プレイヤーはさらにヒートアップするのである。興味がある方は、チャレンジしてみてはどうだろうか。

現在マジック・ザ・ギャザリングは世界9ヵ国語・60カ国で発売されており、600万人のゲーム人口を誇っている。